Facebook Instagram
011-763-8360 受付時間(平日)9:30~18:30 CONTACT

NEWS

エージェントブログ

2021.10.21

【コンテンツマーケティング】は時間がかかる

異業種交流会などに参加すると、ホームペーの制作関連の方と話しをする機会がある。

 

不動産業者からのホームページ作成依頼もよくあるようで、打ち合わせをすると

 

「見た目が良くて成果が上がるホームページにして欲しい!!」という要望がでるのだそうだ。

 

そこで「御社の特徴は何ですか?」と、質問するらしいのだが大半は

 

「特徴と言われても……普通の仲介会社だしなぁ……」と言われるそうだ。

「ハハハ……そりゃ難しいですね」と私。

 

「そうなんです。見た目を綺麗に作ることはいくらでもできるんですが、『信念』とでも言えば良いのか、何を訴えたいのか漠然としていると作成するのも困難な訳で……」

 

そもそも、コンテンツマーケティングに見た目が良くて成果が上がるホームページなんて概念は存在しない。

 

情報発信を通じて、顧客を創造することが目的だ。

 

顧客が共感できるコンテンツを作成し、情報を発信し続ける。

 

最低でも半年から1年かけて愚直に、自分の「信念」に基づき情報を発信し続けることにより共感する顧客がでてくるのだ。

 

そこまでいけば別段、走り回って時間を浪費しなくても、顧客が相談に訪れてくれる。

 

まさに営業いらずだ。

そもそも「信念」を持たず特徴もない、見た目だけが綺麗なホームページにどれほどの魅力があると思っているのだろうか?

 

依存度の高い会社は、自ら「ネタ」を考えて、愚直にブログを発信するなんてことはしない。

 

最近、不動産業者でも採用率の高いYouTubeの動画活用でも同じことだろう。

 

体裁だけ真似ても、訴えかけるものがなければ効果など得られるはずもない。

 

YouTube動画はコンテンツマーケティングの延長線上に位置しているのだから、戦略的なコンテンツのあり方とテキストライティング能力は必須である。

 

私が断続的に更新しているブログも同様だ。

 

文章表現を、巷に溢れているブログの敬体、つまり「です・ます」調ではなく、「だ・である」などの「文体」で執筆しているのも、読む人によって上から目線だと不快感を覚えるだろう。

 

それはそれで良い。

 

常日頃から不動産に関して「学び」を深め、その他大勢から抜け出すべく努力をしているのだから大概の不動産に関しての相談には応じられる自信があるし、「他社で駄目でも、私なら対応できる」という自負もある。

 

であるから、相談や依頼にたいしては真摯に、かつ愚直に動くので依頼が多すぎると対応できなくなる。

 

個人的には「忙しいから連絡が遅れて……」なんて言い訳は、

 

「自分のキャパも考えずに受任しているアンタが悪いんでしょう」と、思ってしまう。

ちまたでよく言われるが、優秀と言われる人間ほどレスポンスが早い。

 

誰よりも忙しいはずなのに、驚くべきスピードで返事が返ってくる。

 

文章も同様である。

 

書いた人間の背景やレベルが、透けて見える。

 

もっとも、文章を書いてそれなりの報酬を得ているが自分自身の文章能力は、ひいき目に見ても高いとは言えないとの自覚はある。

 

であるから本を読み、句読点やリズム、表現方法などを学び続けている。

 

努力をせず、信念も持たず「見た目が良くて成果が上がるホームページにして欲しい!!」なんて依頼をしても、悪質なホームページ制作会社のカモにされるのがオチであろう。

 

RE/MAX_Rosetteも、11月1日からYouTube動画を配信するべく、準備に余念がない。

 

効果が得られるまで、愚直に発信を続ける所存である。

 

記事執筆担当_不動産エージェント 奥林洋樹