Facebook Instagram
011-763-8360 受付時間(平日)9:30~18:30 CONTACT

NEWS

エージェントブログ

2022.05.19

【さてどうしよう】

前回のブログで「RE/MAXブログ300本達成!」と、自分で自分を褒めてあげた次作、さて何を書こうかと考えたら何も思い浮かばない。

 

「ネタ」がなくても書くのがプロであるが、なんせスランプ状態である。

理由は明白で、知る人ぞ知るア○トホームのホームページ制作を手掛ける会社から「住宅購入して後悔しないためのポイント」というテーマで、長文となる解説記事を深く考えずに引き受けてしまったからである。

 

おまけに執筆料が破格に「安い」

 

通常なら引き受けない金額なのだが、記事執筆者として天下のア○トホームに「顔写真・経歴・RE/MAXの宣伝もOK」との条件が提示されたので、広告宣伝費と考えればマア良いかなと引き受けてしまった。

 

ところが依頼主からの構成案を、引き受けてから詳細に読み込むとターゲットが住宅購入検討年齢であることから文章表現も「30~40歳の女性に親しみやすく」と指定されていた。

私の基本的な文章スタイルはブログで御覧いただいている「である」などの常態表現であるが、望まれているのは「そうなんです・ですよね?」などの敬体表現で、かつ語尾を伸ばして迎合する文章が望ましいとのことだ。

 

レギュラーで受けている解説コラムは普段から敬体で執筆しているので造作もないが、柔らか表現で、かつ専門的な用語も省いて分かりやすく書くとなると、とたんにハードルが上がる。

 

かような理由で最近、書いては消してを繰り返す、苦悩する文学者のような状態に陥っている。

 

しかも書いている内容が「そんなことになったら困りますよね?ですから住宅ローンの申込みを検討する際には、営業マンにまかせきりにするのではなく積極的に自分で情報を集めるようにしましょう\(^o^)/」なんて表現をしなければならない。

 

締め切りまであと数日、しかもレギュラーコラムの納期も迫っている。

 

困ったものである。

 

記事執筆担当_不動産エージェント 奥林洋樹